総量規制対象外

審査基準について

消費者金融やキャッシング会社といった金融業者は顧客に融資をする際、必ず審査を実施します。その審査は各業者ごとに独自の審査基準を持っています。審査の甘い業者と厳しい業者があるのは、そういった理由からです。基本的に金融業者の審査基準とは、現在の収入と現在と過去の借金履歴が大部分を占めます。

借金総額が多ければ多いほど審査には不利になりますし、収入が多ければ多いほど審査には有利に作用してきます。したがって、収入の少ないアルバイトやパートは審査に通りにくいということです。

一番審査基準が厳しいのは大手銀行系の消費者金融です。金利が低く全国の銀行atmで出し入れが出来ることが最大のメリットなのですが、如何せん審査が甘くないのが消費者にとったらもどかしいことです。といっても、借金がないサラリーマンなら余程のことがない限り、審査に落ちることはありません。

金融会社

なぜならば彼ら金融業者は消費者にお金を貸して利益をあげているのですから、つまりお金を貸したくて仕方がないのです。といっても、貸したお金が焦げ付いてしまうことは回避しなければなりませんので、焦げ付く可能性の高い多重債務者には審査を厳しくしてカットしているのです。

こういった金融会社の審査基準を熟知していれば、借り入れ審査で落とされることはないはずです。自分の状況(借り入れ件数、借金総額)を把握していれば、その条件で借り入れできるところで借りればいいのです。もっとも借り入れ件数が多ければ多いほど、審査基準は甘くなりますので、その代わりに金利が高くなってくることは覚悟しなければなりません。

もっとも、いくら審査が甘いからといって貸金業登録をしていないヤミ金融などで借りては絶対いけません。そういった非合法な業者で借りるくらいなら、自己破産をして借金をクリアしたほうが何倍もマシです。

copyright©2001 総量規制対象外 all rights reserved.